コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車販売業 じどうしゃはんばいぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃはんばいぎょう【自動車販売業】

自動車を個人などの最終需要先に販売する産業で,主として新車を扱う企業と中古車を扱う企業とがある。広義の自動車産業に含まれる。1996年では新車が708万台(うち輸入車45万台),中古車が809万台販売された。しかし中古車の販売台数のうち半分は新車販売業者によるもので,残りが中古車販売業者による(1996)。国内における販売先の変化をみると,1960年には個人向けが8%弱,ハイヤータクシー業向けが30%弱に対し,70年には個人向けが50%を超え,81年には74%にも達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動車販売業の関連情報