自動車販売業(読み)じどうしゃはんばいぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃはんばいぎょう【自動車販売業】

自動車を個人などの最終需要先に販売する産業で,主として新車を扱う企業と中古車を扱う企業とがある。広義自動車産業に含まれる。1996年では新車が708万台(うち輸入車45万台),中古車が809万台販売された。しかし中古車の販売台数のうち半分は新車販売業者によるもので,残りが中古車販売業者による(1996)。国内における販売先の変化をみると,1960年には個人向けが8%弱,ハイヤー・タクシー業向けが30%弱に対し,70年には個人向けが50%を超え,81年には74%にも達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車販売業の関連情報