コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車販売業 じどうしゃはんばいぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃはんばいぎょう【自動車販売業】

自動車を個人などの最終需要先に販売する産業で,主として新車を扱う企業と中古車を扱う企業とがある。広義の自動車産業に含まれる。1996年では新車が708万台(うち輸入車45万台),中古車が809万台販売された。しかし中古車の販売台数のうち半分は新車販売業者によるもので,残りが中古車販売業者による(1996)。国内における販売先の変化をみると,1960年には個人向けが8%弱,ハイヤー・タクシー業向けが30%弱に対し,70年には個人向けが50%を超え,81年には74%にも達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

自動車販売業の関連キーワード東京日産自動車販売愛知トヨタ自動車バド セリグ斎藤六郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車販売業の関連情報