コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富沢 とみざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富沢
とみざわ

山梨県南西端,富士川右岸にある地域。旧町名。富士川沿いの平地のほかは赤石山脈に続く山地が大部分を占める。 1955年富河村と万沢村が合体し,町制施行。町名は両村から1字ずつとってつけられた。 2003年南部町と合併。気候が高温多雨のため,スギヒノキなどの林業が盛んで,茶,タケノコ栽培も行なわれる。静岡県富士宮市,富士市への通勤者が多い。富士川に沿って国道 52号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富沢
とみざわ

山梨県南部、南巨摩(みなみこま)郡にあった旧町名(富沢町(ちょう))。現在は南巨摩郡南部(なんぶ)町の南部を占める一地区。1955年(昭和30)万沢(まんざわ)、富河(とみかわ)の2村が合併して町制施行、富沢町となる。2003年(平成15)南部町と合併し、南部町となった。旧富沢町地区は富士川下流部右岸にあり、南は静岡県と接し県最南端に位置する。山林面積が区域の約80%を占める山間農村で、高温多雨のため杉、ヒノキの美林が多く、茶の栽培も盛んである。静岡県へ通ずる国道52号があり、JR身延(みのぶ)線に近く富士宮(ふじのみや)方面への便がよいので静岡県への通勤者が多く、兼業農家が大半を占める。最恩寺仏殿は国指定重要文化財。[横田忠夫]
『『富沢町の歴史』(1976・富沢町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

富沢の関連キーワードビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)宮地エンジニアリンググループ現代詩資料館 榛名まほろば群馬県吾妻郡中之条町大道宮城県仙台市太白区長町南宮城県仙台市太白区鹿野宮城県仙台市太白区長町宮城県柴田郡柴田町富沢宮城県仙台市太白区泉崎宮城県仙台市太白区富沢地底の森ミュージアム鳴見五郎四郎(初代)宮地エンジニアリング南部(町)(山梨県)山梨県南巨摩郡南部町富沢半三郎(初代)ウィリアム(2世)佐野川花妻(2代)富沢門太郎(2代)富沢藤次郎(初代)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富沢の関連情報