コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己保存権 じこほぞんけんright of self-preservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己保存権
じこほぞんけん
right of self-preservation

自存権とも呼ばれる。国家が自己の存在を維持するために必要な措置をとりうる権利権利行使の要件は国家存続のための必要性であり,外国の側の不正な侵害行為を必ずしも必要としない。この権利の具体的内容は明確ではなく,今日,実定法上の権利としては認めがたいが,これをより限定した自衛権が実定法上は確立している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自己保存権の関連キーワードリバイアサンスミス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android