コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己保存権 じこほぞんけんright of self-preservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己保存権
じこほぞんけん
right of self-preservation

自存権とも呼ばれる。国家が自己の存在を維持するために必要な措置をとりうる権利。権利行使の要件は国家存続のための必要性であり,外国の側の不正な侵害行為を必ずしも必要としない。この権利の具体的内容は明確ではなく,今日,実定法上の権利としては認めがたいが,これをより限定した自衛権が実定法上は確立している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone