コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己宛手形 じこあててがた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

自己宛手形

支払い人が自己となっている(振出し人と支払い人が同じ)為替手形のこと。支払い地が遠隔地の場合、取立手数料を節約することなどを目的に支払い人を支払い地の支店などにした為替手形を使用する場合がある。そのため、自己宛為替手形という場合もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己宛手形
じこあててがた
trassiert-eigener Wechsel, eigen-gezogener Wechsel

支払人と振出人が同一人である手形。為替手形において支払人は振出人と別人であることを通例とするが,同一人であってもよい (手形法3条2項) 。異なった地に数個の営業所を有する商人がその一つにあてて振出す場合などに使われる。現行手形法では同地払手形にも自己宛手形を振出して引受けをすることができる。これは約束手形と同様の目的で広く利用される。自己宛為替手形は実質上は約束手形と異なるところはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の自己宛手形の言及

【為替手形】より

…振出人が第三者(支払人)にあてて,受取人または手形の正当な所持人に,一定の金額(手形金額)を支払ってくれるよう委託した証券。約束手形とともに手形の一種であり,約束手形が,振出人みずからが支払うことを約束する形式の手形であるのに対して,為替手形は,振出人みずから支払うことを約束するのでなく,第三者に支払を委託する形式の手形である点で異なっている。また,小切手も,第三者に支払を委託する形式の証券であるが,主として現金代用物として用いられるため,(1)すべて一覧払いである,(2)支払人が金融機関に限られている,(3)引受け制度がない,などの点で為替手形と異なる。…

※「自己宛手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android