コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己検査薬 じこけんさやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己検査薬
じこけんさやく

自分で自身の健康状態を簡単にチェックできる検査薬。自己管理の促進,病気の予防および早期発見に役立てるものとして,従来の医師用医薬品としての扱いから,一般用の医薬品として認可された。蛋白や糖がチェックできる尿検査薬が 1991年 10月から,同じく尿による妊娠検査薬が 92年7月から発売されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じこけんさやく【自己検査薬】

自分で簡単な検査を行うための一般用医薬品。尿中の糖・タンパク質を調べるための試験紙や妊娠検査薬など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報