コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自律訓練 じりつくんれんautogenic training

世界大百科事典 第2版の解説

じりつくんれん【自律訓練 autogenic training】

ドイツの精神科医J.H.シュルツが1932年に創唱した自己催眠的要素の強い一種の精神療法で,心身症,神経症,自律神経失調症などの治療や精神統一,ストレス解消などに用いられる。1日2~3回,外界からの刺激を遮断し,2~10分間,楽な姿勢で閉眼し,注意を集中して決められた内容の〈言葉〉を頭の中でゆっくり反復する。つまり,これは自己暗示の練習により全身の緊張を弛緩させ,心身を好ましい状態に自己制御する方法である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の自律訓練の言及

【催眠療法】より

…なお,アミタールなどの薬物によって抵抗や抑圧をとり除こうとする麻酔分析も催眠分析と呼ばれることがある。自己催眠では,系統的練習を通して,心身の安定や調整をはかろうとする自律訓練法がよく知られている。ドイツの医師J.H.シュルツによって考案されたこの治療法は,筋肉や血管の弛緩のもつ心理的効果と生理的効果を重視し,患者自らが段階的な練習を通して,全身の弛緩を修得していくものである。…

【シュルツ】より

…ドイツの神経・精神医学者。自律訓練法の創始者。イェーナ大学医学部精神科教授,ベルリン精神療法研究所副所長を歴任し,第2次大戦後は個人開業した。…

※「自律訓練」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

自律訓練の関連キーワード自律訓練法の降圧効果サイバネーション療法精神療法のいろいろH. シュルツカウンセリング過敏性腸症候群禅の心理学自律訓練法カタルシス排泄訓練催眠療法無痛分娩暗示療法不眠症心拍計脳貧血書痙

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android