コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自来也説話 じらいやものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

じらいやものがたり【自来也説話】

読本。感和亭鬼武(かんわていおにたけ)作,蹄斎北馬画。前編5巻6冊は1806年(文化3),後編5巻5冊は07年刊。中国の《古今説海》中の宋沈俶撰《諧史》,あるいは《類書纂要》巻二十一〈窃盗(せつとう)〉の条などに収められた盗賊我来也の説話に発想して,義賊の武勇仇討奇談に仕立てた伝奇小説。前編は霊薬西天艸(せいてんそう)を盗み携帯して不死身となった奸賊鹿野苑(ろくやおん)軍太夫を,義賊自来也(本名尾形周馬寛行)が,軍太夫に討たれた侍の遺児勇侶吉郎(いさみともきちろう)に助力して討たせる筋。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

自来也説話の関連キーワード児雷也豪傑譚児雷也

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android