自来也説話(読み)じらいやものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

じらいやものがたり【自来也説話】

読本。感和亭鬼武(かんわていおにたけ)作,蹄斎北馬画。前編5巻6冊は1806年(文化3),後編5巻5冊は07年刊。中国の《古今説海》中の宋沈俶撰《諧史》,あるいは《類書纂要》巻二十一〈窃盗(せつとう)〉のなどに収められた盗賊我来也の説話に発想して,義賊の武勇仇討奇談に仕立てた伝奇小説。前編は霊薬西天艸(せいてんそう)を盗み携帯して不死身となった奸賊鹿野苑(ろくやおん)軍太夫を,義賊自来也(本名尾形周馬寛行)が,軍太夫に討たれたの遺児勇侶吉郎(いさみともきちろう)に助力して討たせる筋。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android