コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自来也説話 じらいやものがたり

1件 の用語解説(自来也説話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じらいやものがたり【自来也説話】

読本。感和亭鬼武(かんわていおにたけ)作,蹄斎北馬画。前編5巻6冊は1806年(文化3),後編5巻5冊は07年刊。中国の《古今説海》中の宋沈俶撰《諧史》,あるいは《類書纂要》巻二十一〈窃盗(せつとう)〉の条などに収められた盗賊我来也の説話に発想して,義賊の武勇仇討奇談に仕立てた伝奇小説。前編は霊薬西天艸(せいてんそう)を盗み携帯して不死身となった奸賊鹿野苑(ろくやおん)軍太夫を,義賊自来也(本名尾形周馬寛行)が,軍太夫に討たれた侍の遺児勇侶吉郎(いさみともきちろう)に助力して討たせる筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自来也説話の関連キーワード感和亭鬼武蔓亭鬼武イオニア様式イオニウムバイオニクスイオニア式鬼武者ふんわりふんわり甘いお酒です。児雷也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone