奇特(読み)キトク

デジタル大辞泉の解説

き‐とく【奇特】

[形動][文][ナリ]《「きどく」とも》
言行や心がけなどがすぐれていて、褒めるに値するさま。「世の中には奇特な人もいるものだ」
非常に珍しく、不思議なさま。
「比の香の―なるを漸く寄りて見れば」〈今昔・六・六〉
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「彼は特な人だ」を、「優れて他と違って感心なこと」と「奇妙で珍しいこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成27年度調査
優れて他と違って感心なこと49.9パーセント49.9パーセント
奇妙で珍しいこと25.2パーセント29.7パーセント

き‐どく【奇特】

[形動][文][ナリ]きとく(奇特)
[名]神仏の持っている、超人間的な力。霊験。
「宝物ぢゃと申しても―がなければ、我らごときの者の持っていらぬ物ぢゃが」〈虎清狂・鏡男〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きとく【奇特】

〔「きどく」とも〕
( 形動 ) [文] ナリ 
おこないが感心なさま。けなげなさま。 「若いのに似合わず-な人だ」
珍しいさま。不思議なさま。 「女此を見て-なりと思て/今昔 1
( 名 )
不思議な効力。霊験。 「 -をあらわす」

きどく【奇特】

きとく(奇特)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇特の関連情報