コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇特 キトク

4件 の用語解説(奇特の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐とく【奇特】

[形動][文][ナリ]《「きどく」とも》
言行や心がけなどがすぐれていて、褒めるに値するさま。「世の中には奇特な人もいるものだ」
非常に珍しく、不思議なさま。
「比の香の―なるを漸く寄りて見れば」〈今昔・六・六〉
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「彼は奇特な人だ」を、「優れて他と違って感心なこと」と「奇妙で珍しいこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成14年度調査平成27年度調査
優れて他と違って感心なこと49.9パーセント49.9パーセント
奇妙で珍しいこと25.2パーセント29.7パーセント

き‐どく【奇特】

[形動][文][ナリ]きとく(奇特)
[名]神仏の持っている、超人間的な力。霊験。
「宝物ぢゃと申しても―がなければ、我らごときの者の持っていらぬ物ぢゃが」〈虎清狂・鏡男〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きとく【奇特】

〔「きどく」とも〕
( 形動 ) [文] ナリ 
おこないが感心なさま。けなげなさま。 「若いのに似合わず-な人だ」
珍しいさま。不思議なさま。 「女此を見て-なりと思て/今昔 1
( 名 )
不思議な効力。霊験。 「 -をあらわす」

きどく【奇特】

きとく(奇特) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇特の関連キーワード劇毒血液毒色読毒毒しいへべれけ御神酒徳利聞得既読黄毒蛾名もなき毒

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奇特の関連情報