コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然休養村 しぜんきゅうようそん

大辞林 第三版の解説

しぜんきゅうようそん【自然休養村】

都市生活者が自然に親しみ休養がとれるように整備された区域。市町村が都道府県に申請して指定を受ける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然休養村
しぜんきゅうようそん

自然に親しむレクリエーションの需要にこたえて、都市生活者が農山村の自然環境親しみ、理解を深めつつ休養のとれるよう整備された区域。各市町村が各都道府県知事に申請して自然休養村の指定を受ける。2002年(平成14)現在、指定された休養村は全国で約500か所あるが、建物の老朽化などにより運営されていない所もある。これら休養村では、果実の摘み取りや体験農業、魚釣りの場などを提供しながら、農業生産だけでは生活しにくい農山村の所得の向上をも図っている。[沢 史生]
『全国自然休養村協議会編・刊『自然休養村要覧』(1996~2000) ▽国土交通省編『観光白書』各年版(財務省印刷局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然休養村の関連情報