コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然休養村 しぜんきゅうようそん

大辞林 第三版の解説

しぜんきゅうようそん【自然休養村】

都市生活者が自然に親しみ休養がとれるように整備された区域。市町村が都道府県に申請して指定を受ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然休養村
しぜんきゅうようそん

自然に親しむレクリエーションの需要にこたえて、都市生活者が農山村の自然環境に親しみ、理解を深めつつ休養のとれるよう整備された区域。各市町村が各都道府県知事に申請して自然休養村の指定を受ける。2002年(平成14)現在、指定された休養村は全国で約500か所あるが、建物の老朽化などにより運営されていない所もある。これら休養村では、果実の摘み取りや体験農業、魚釣りの場などを提供しながら、農業生産だけでは生活しにくい農山村の所得の向上をも図っている。[沢 史生]
『全国自然休養村協議会編・刊『自然休養村要覧』(1996~2000) ▽国土交通省編『観光白書』各年版(財務省印刷局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自然休養村の関連キーワード東京都西多摩郡日の出町大久野島根県松江市西忌部町北海道樺戸郡浦臼町栃木県那須烏山市塩谷町郷土資料館岡山県新見市草間岩城(秋田県)武蔵(旧町名)阿波(徳島県)白浜(高知県)一宇(いちう)トムラウシ山秋ノ宮温泉郷日の出(町)板取[村]一宇[村]川場[村]塩江[町]長柄[町]浦臼(町)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android