コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然保護債務スワップ しぜんほごさいむスワップDebt for Nature Swap; DNS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然保護債務スワップ
しぜんほごさいむスワップ
Debt for Nature Swap; DNS

環境スワップともいう。国際的な自然保護団体などが開発途上国に対する外貨建債権を取得し,これを開発途上国の内貨建て財政支出と交換して自然保護のために活用するもの。具体的には,自然保護債務スワップ協定に基づいて国際的な自然保護団体が開発途上国に対する債権を民間金融機関から購入し,この債権を途上国政府に譲渡する。債権を譲渡された途上国政府は,信託基金などの形態により財政支出を行い,現地の自然保護団体などが自然保護プロジェクトを実施する。 1987年に初めてボリビアで具体化された。途上国における自然保護のための財源確保と対外債務の削減とを同時に達成するものとして注目されているが,債務国の主権を侵害し,財政支出により債務国のインフレを助長するなどの問題点も指摘されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android