コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然換気 しぜんかんき

3件 の用語解説(自然換気の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しぜんかんき【自然換気】

室内外の温度差・風圧などによって、室内の空気が自然に入れ替わること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

自然換気

機械に頼らない、自然通風や空気の温度差による煙突効果による換気。パッシブ換気とも呼ばれる。 機械換気と比較して、省エネルギーであるが、常に一定風量を確保することできない。扉・窓などの通気口を2箇所以上設けその風圧差を利用する風力換気と、室内の空気が暖かいと比重が軽くなり上昇する性質を利用する温度差換気(煙突効果・重力換気)がある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

自然換気

 室内の空気を強制的に排除する装置や,室内に強制的に空気を送り込んだりする装置の力によることなく室内の空気が入れ替わること.すなわち部屋の開口部や壁の空隙などから,風や空気の密度の違い,自然な拡散などによって空気が入れ替わること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然換気の言及

【換気】より

…通常の住宅などでは,気密性の高い閉め切った室で0.1回/h,隙間の多い室で1回/h,窓を全開して10~100回/h程度である。
[換気の方法]
 送風機や換気扇による機械換気と風力や浮力による自然換気とがある。機械換気は自然換気に比べて換気量と室内圧力を一定に保つことができるが,騒音の発生とエネルギーの消費を伴う。…

※「自然換気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然換気の関連キーワード乾湿球湿度計湿球温度温度差強制通風自然悟道通風機自然通風熱月震温度勾配恒温器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然換気の関連情報