自然社会(読み)しぜんしゃかい

精選版 日本国語大辞典「自然社会」の解説

しぜん‐しゃかい ‥シャクヮイ【自然社会】

〘名〙 特定の意識的な法的手続きももたずに血縁地縁によって成立している社会人為社会に対していう。〔いろは引現代語大辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自然社会」の解説

しぜん‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【自然社会】

血縁または地縁によって、個人の意志や目的と関係なく成立している社会。→人為社会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android