コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然社会 シゼンシャカイ

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【自然社会】

血縁または地縁によって、個人の意志や目的と関係なく成立している社会。→人為社会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんしゃかい【自然社会】

地縁・血縁によって成立している社会。原始社会だけをさすこともある。 ↔ 人為社会

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自然社会の関連キーワードバーク(Edmund Burke)序曲(ワーズワースの長編詩)ロバート・B. ホールナショナルアトラスニュー・ジャージーR. ユベール弁証法的唯物論文化相対主義イデオロギー伊谷 純一郎学際的研究カオス工学古今要覧稿研究・開発自然真営道太田 仁吉実学主義豊後水道報道写真バハール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然社会の関連情報