コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由雲台 しゆううんたい,じゆううんだい

カメラマン写真用語辞典の解説

自由雲台

 Ball Head (ボールヘッド) とも呼ぶ方式。構造は、台座となるソケットとそのなかを自由に動くボールからなっていて、そのボールからカメラを固定するカメラ台と支柱が伸びている。ボールの動きは締め付けつまみでコントロールする。ボールが全方向に動くので、カメラの向きもつまみひとつで自由に調整できる利便性が自由雲台の人気の秘密。ソケットには大きく切り欠いたスロットがあり、そこに支柱を倒せば縦位置撮影も可能。  自由雲台は耐荷重に応じた大きさが用意されていて、使用するカメラとレンズ組み合わせに応じた大きさの自由雲台を選ぶ必要がある。  なお、精度の高い製品では、つまみの締め付け・緩めの度合いにリニアにボールの動きが連動するテンション機構をそなえていて、つまみをゆるめた瞬間にカメラとレンズが下向きに落ちてしまうようなことはない。また、水平方向のパンを専用に調整する独立パンつまみをもうけた製品もある。  欠点としては、ソケットのなかをボールが滑る構造なので、砂などの多い環境には向かない。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

自由雲台の関連キーワードGMRヘッドデッドボール藻類ビスケットFIREBALL山口葵マトリカリア卓球の用語MRヘッドサンバラ岬diving head

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由雲台の関連情報