コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自蹊 じけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

自蹊 じけい

1703-1760 江戸時代中期の僧,俳人。
元禄(げんろく)16年生まれ。蕉門の俳人河野李由(こうの-りゆう)の子。近江(おうみ)(滋賀県)光明遍照寺(明照(めんしょう)寺)の住職をつぐ。元文2年(1737)父の三十三回忌追善集「笠の影」をあむ。宝暦10年3月4日死去。58歳。名は亮輗。字(あざな)は通恵。別号に緑猗堂,四梅廬(2代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

自蹊の関連キーワード元禄

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android