コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化エチル シュウカエチル

デジタル大辞泉の解説

しゅうか‐エチル〔シウクワ‐〕【臭化エチル】

エチルアルコールに臭化水銀と硫酸とを加えてつくる、無色の液体。有機合成のエチル化剤、麻酔剤などに用いる。化学式C2H5Br

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうかエチル【臭化エチル】

エタノールに臭化水素酸と硫酸を加えてつくる揮発性の無色液体。化学式 C2H5Br 有機合成用試薬・局所麻酔剤などに用いる。ブロモエタン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭化エチル
しゅうかえちる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臭化エチルの関連キーワードエチルアミン求核置換反応ハロゲン化アネトールアルキル化臭素化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android