コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン化アルキル ハロゲンかアルキル alkyl halide

2件 の用語解説(ハロゲン化アルキルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロゲン化アルキル
ハロゲンかアルキル
alkyl halide

脂肪族飽和炭化水素水素原子1個をハロゲンで置換した化合物をいう。一般式は CnH2n+1X (Xはハロゲン) 。天然には存在せず,主として対応するアルコールから合成される。ニトリルアミンエステルエーテルおよびチオアルコールなどの合成原料として広く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハロゲン化アルキル
はろげんかあるきる
alkyl halide

アルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)の水素原子1個をハロゲン原子で置換した化合物の総称。ハロアルカンhaloalkaneともいう。一般式CnH2n+1X(Xはフッ素F、塩素Cl、臭素Br、ヨウ素I)で表される。また、アルキル基をRで示しRXの略号で表されることが多い。
 塩化アルキルは、対応する炭化水素に光照射(または高温)下で塩素と反応させると得られるが、多塩化物を副生する。対応するアルコールとハロゲン化水素酸(HX)との反応によれば単一に得られる。

 臭化アルキルは、アルケン(一般式CnH2n)に臭化水素を付加させても得られる。

 塩化アルキルにフッ化水素(触媒下)を反応させるとフッ化アルキルが得られ、極性溶媒中で塩化アルキルとヨウ化カリウムと反応させるとヨウ化アルキルが得られる。フッ化物以外のハロゲン化アルキルはアルキル化剤として用いられる。揮発しやすく快香をもち、徐々に加水分解してアルコールを生ずる。一般に有毒であり、取扱いには注意を要する。[加治有恒・廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハロゲン化アルキルの関連キーワードアルカンアルキル基エチレン系炭化水素ハロゲン化水素不飽和炭化水素飽和炭化水素脂肪族高級炭化水素脂肪族炭化水素ハロアルカン脂肪族鎖式飽和炭化水素

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone