コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化メチル

農林水産関係用語集の解説

臭化メチル

多くの病害虫に対して殺虫・殺菌効果があり、しかも常温・常圧で気体であるという性質から、倉庫や土壌中でガス化させ(くん蒸)、穀物の害虫や園芸作物の病害虫を防除するという形で広く利用されている物質。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭化メチル
しゅうかめちる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

臭化メチルの関連キーワードオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書モントリオール議定書メチルブロマイド有機ハロゲン化物副交感神経遮断薬オゾン層保護法ウィーン条約オゾン層破壊土壌殺菌剤自律神経剤ガス燻蒸鎮けい薬殺線虫剤オゾン層土壌消毒メチル化燻蒸剤クリ臭素

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android