至霊(読み)しれい

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐れい【至霊】

〘名〙 最高の霊魂。最もけだかくすぐれたもの。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)四・蝉歎「人参天地至霊、爾性感事瞥爾形」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる