コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼井喜之介 うすい きのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井喜之介 うすい-きのすけ

1913-1974 昭和時代の詩人。
大正2年4月15日生まれ。昭和10年同人誌「新生」を創刊,のち城左門,平野威馬雄らと「詩風土」「詩季」と改題して主宰。13年ウスヰ書房創業,16年第1詩集「ともしびの歌」を刊行。戦後,白川書院をおこし,「京都」を創刊。昭和49年2月22日死去。60歳。京都出身。京都第二商業卒。本名は喜之助。詩集はほかに「京都叙情」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

臼井喜之介の関連キーワード天野 美津子天野美津子昭和時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android