コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼井喜之介 うすい きのすけ

1件 の用語解説(臼井喜之介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井喜之介 うすい-きのすけ

1913-1974 昭和時代の詩人。
大正2年4月15日生まれ。昭和10年同人誌「新生」を創刊,のち城左門,平野威馬雄らと「詩風土」「詩季」と改題して主宰。13年ウスヰ書房創業,16年第1詩集「ともしびの歌」を刊行。戦後,白川書院をおこし,「京都」を創刊。昭和49年2月22日死去。60歳。京都出身。京都第二商業卒。本名は喜之助。詩集はほかに「京都叙情」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

臼井喜之介の関連キーワードポルトガル文学光の科学史日活(株)デトリングバルカン戦争次郎長三国志ドイツ映画藤田敏八怨歌橋百景キューティーハニー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone