コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼倉甲子造(読み)うすくら かしぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼倉甲子造 うすくら-かしぞう

1887-1968 明治-大正時代の社会主義者。
明治20年10月20日生まれ。社会主義青年団にくわわり,明治42年パンフレット「平民の友―くらしを楽にする法」を出版したが,ただちに発禁となる。大正はじめに「微光」を発行。のち運動からとおざかった。昭和43年死去。81歳。埼玉県出身。早稲田中学中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android