コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興る オコル

デジタル大辞泉の解説

おこ・る【興る】

[動ラ五(四)]《「起こる」と同語源》新しいものが生じ、勢いが盛んになる。また、ひっそりしていたものが目立つ状態になる。「新分野の学問が―・る」「志気が―・る」「国が―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おこる【興る】

( 動五[四] )
〔「起こる」と同源〕
新しく生じて勢いが盛んになる。おきる。 「スイスには時計産業が-・った」 「モンゴル高原に-・った大帝国」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

興るの関連キーワードロイター[会社]入り組み・入組み漢字仮名交じり文ポーランド演劇ドゥホボル派八幡浜[市]起こる・起るアラビア医学オースティンミレトス学派「述懐」魏徴モンゴル高原ブラフマー彬彬・斌斌エーゲ文明浅草オペラユダヤ音楽志賀山流竹川政胖秋田蘭画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興るの関連情報