コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(こ)る オコル

デジタル大辞泉の解説

おこ・る【起(こ)る】

[動ラ五(四)]
今までなかったものが新たに生じる。おきる。「静電気が―・る」「さざ波が―・る」

㋐自然が働きや動きを示す。おきる。「地震が―・る」「洪水が―・る」
㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態が生じる。おきる。「事件が―・る」「戦争が―・る」
ある感情・欲望が生じる。また、からだの働きがある状態を示す。おきる。「疑いが―・る」「仏ごころが―・る」「発作が―・る」
大ぜいの人が出てくる。大挙する。
「大衆(だいしゅ)―・って西坂本より皆おっかへす」〈平家・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

起(こ)るの関連キーワードリーグ・オブ・ジェントルメン 奇人同盟バンクロフト糸状虫症アニオノトロピー下垂体機能亢進症メナエクムス兄弟摩擦ルミネセンスカーリング潰瘍視床下部症候群高リン脂質血症アルドステロン条件つき確率左千夫歌集均一系反応1日1回潮脳橋症候群脳脚症候群自発核分裂戦争神経症表面張力波心悸亢進

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android