コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振るう/揮う フルウ

デジタル大辞泉の解説

ふる・う〔ふるふ〕【振るう/揮う】

[動ワ五(ハ四)]

㋐充実して勢いが盛んである。「国力が大いに―・う」「成績が―・わない」
㋑(「ふるった」「ふるっている」の形で)普通とずいぶん変わっている。当たり前でない。とっぴである。「言いぐさが―・っている」

㋐大きく、また、勢いよく振り動かす。「拳(こぶし)を―・う」「刀を―・って敵陣に攻め入る」
㋑思う存分に力を働かせる。十分に発揮する。「権力を―・う」「腕を―・った料理」「インフルエンザが猛威を―・う」
㋒振ってすっかり出す。「財布の底を―・う」
[可能]ふるえる
[下接句]威(い)を振るう腕を振るう大鉈(おおなた)を振るう舌を振るう鉈(なた)を振るう涙を振るう尾大(びだい)掉(ふる)わず筆を揮(ふる)う

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

振るう/揮うの関連キーワード時に遇えば鼠も虎となる竈将軍・竃将軍鉈を振るう兎の登り坂手を掛ける腕をさする鉄槌・鉄鎚出来出頭振るった懸河の弁伊奈忠次星旄電戟張り行ふ手が出る舌を振る牝鶏晨す金剛力打棒達弁熱弁

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android