振るう/揮う(読み)フルウ

デジタル大辞泉の解説

ふる・う〔ふるふ〕【振るう/揮う】

[動ワ五(ハ四)]

㋐充実して勢いが盛んである。「国力が大いに―・う」「成績が―・わない」
㋑(「ふるった」「ふるっている」の形で)普通とずいぶん変わっている。当たり前でない。とっぴである。「言いぐさが―・っている」

㋐大きく、また、勢いよく振り動かす。「拳(こぶし)を―・う」「刀を―・って敵陣に攻め入る」
㋑思う存分に力を働かせる。十分に発揮する。「権力を―・う」「腕を―・った料理」「インフルエンザが猛威を―・う」
㋒振ってすっかり出す。「財布の底を―・う」
[可能]ふるえる
[下接句]威(い)を振るう腕を振るう大鉈(おおなた)を振るう舌を振るう鉈(なた)を振るう涙を振るう尾大(びだい)掉(ふる)わず筆を揮(ふる)う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android