コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛る サカル

4件 の用語解説(盛るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さか・る【盛る】

[動ラ五(四)]
勢いが盛んになる。「火が―・る」「燃え―・る炎」
繁盛する。にぎわう。はやる。
「大川の舟遊びも―・っていた」〈秋声縮図
動物が発情する。交尾する。つるむ。
「犬ガ―・ル」〈和英語林集成

も・る【盛る】

[動ラ五(四)]
物を容器に入れて満たす。「飯を茶碗に―・る」
積んで高くする。積み上げる。「果物を山と―・る」「入り口に塩を―・る」
薬剤を調合する。また、それを与える。特に、毒を飲ませる。「一服―・る」
あるまとまりの中に別のものをもりこむ。「新味を―・る」「共同宣言に平和への決意を―・る」
秤(はかり)や物差しなどの目をきめてしるしをつける。目盛りをする。「はかりに目を―・る」
俗に、化粧を濃くする。また、大げさに言う。「化粧を―・る」「話を―・る」
酒を飲ませる。
「御酒参ったの。いつ―・らしゃった」〈浄・忠臣蔵
[可能]もれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さかる【盛る】

( 動五[四] )
勢いが盛んになる。 「火が燃え-・る」 「花-・りゆく春をうらみむ/後撰 春中
にぎわう。栄える。 「再び-・る牛店うしやの繁昌/安愚楽鍋 魯文
動物が発情する。 「猫ガ-・ル/日葡」

もる【盛る】

( 動五[四] )
器に物を入れて満たす。 「御飯を-・る」 「玉盌たまもいに水さへ-・り/日本書紀 武烈
高く積み上げる。 「土を-・る」
(匙さじに盛って調合することから)薬を調合して飲ませる。特に、毒を混ぜて飲ませる。 「毒を-・る」 「一服-・る」
文に思想などを表す。 「独立宣言に-・られた精神」
目盛りをつける。 「目を-・る」 〔ヘボン〕
酒を飲ませる。 「いつ-・らしやつた/浄瑠璃・忠臣蔵」
[可能] もれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盛るの関連キーワード汲み取る擦る酒槽容器掻き切る呉れて遣るしゃぶ・る掴み取る装る呼入れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

盛るの関連情報