盛る(読み)サカル

デジタル大辞泉 「盛る」の意味・読み・例文・類語

さか・る【盛る】

[動ラ五(四)]
勢いが盛んになる。「火が―・る」「燃え―・る炎」
繁盛する。にぎわう。はやる。
大川の舟遊びも―・っていた」〈秋声縮図
動物が発情する。交尾する。つるむ。
「犬ガ―・ル」〈和英語林集成
[類語](1興るふるう新興勃興/(2繁栄栄える繁盛にぎわうにぎわすにぎやか富むはやる栄華全盛最盛興隆隆盛盛栄栄耀栄華共存共栄隆昌新興末広末広がり殷賑いんしん活況盛況盛会盛大繁華花が咲く/(3発情求愛交尾つるむつがう

も・る【盛る】

[動ラ五(四)]
物を容器に入れて満たす。「飯を茶碗に―・る」
積んで高くする。積み上げる。「果物を山と―・る」「入り口に塩を―・る」
薬剤を調合する。また、それを与える。特に、毒を飲ませる。「一服―・る」
あるまとまりの中に別のものをもりこむ。「新味を―・る」「共同宣言に平和への決意を―・る」
はかり物差しなどの目をきめてしるしをつける。目盛りをする。「はかりに目を―・る」
俗に、化粧を濃くする。また、大げさに言う。「化粧を―・る」「話を―・る」
酒を飲ませる。
御酒参ったの。いつ―・らしゃった」〈浄・忠臣蔵
[可能]もれる
[類語](1よそうそそ淹れる盛り付ける盛り込む盛り合わせる差す注ぎ込むぎ込む流し込む流れ込む注入注水注油/(2積む重ねる積み重ねる積み上げる折り重なる積もる重なる降り積もる山積み山積さんせき堆積累積

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android