志気(読み)しき

デジタル大辞泉の解説

し‐き【志気】

物事をなそうとする意気込み。こころざし。「志気盛んである」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【志気】

物事をしようとする気持ち。こころざし。士気。 「盛んな-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐き【志気】

〘名〙 ある物事を行なおうとする意気込み。こころざし。
正法眼蔵(1231‐53)礼拝得髄「その法をおもくする志気、ひとつにあらず」
※読本・昔話稲妻表紙(1806)一「志気(シキ)堂々威風凜々として」 〔礼記‐孔子間居〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志気の関連情報