コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興教寺 こうきょうじ Xīng jìao sì

1件 の用語解説(興教寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうきょうじ【興教寺 Xīng jìao sì】

中国,陝西省西安市の南郊70kmにある仏寺。樊(はん)川の近くで,終南山を眺望する高台に位置し,玄奘(げんじよう)三蔵の墓塔を中央に,その弟子の慈恩大師窺基の慈恩塔,円測法師の円測塔の3塼塔(せんとう)が向かいあって立つことで知られる。玄奘は没後,滻水(さんすい)の東に葬られたが,5年後の669年(総章2)に少陵原に改葬されたのが寺の始まりとされる。828‐829年(太和2‐3)の修理をへて今日ある玄奘墓塔は方形平面,高さ21mの塼造の五層の楼閣式。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

興教寺の関連キーワード阿房宮韋荘鎬京長安半坡遺跡華清宮秦嶺青竜寺南郊藍田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone