舌を鳴らす(読み)シタヲナラス

デジタル大辞泉の解説

舌(した)を鳴ら・す

軽蔑・不満の気持ちを表す動作。「不服そうに―・す」
賛美する気持ちを表す動作。特に、おいしい物を食べて、満足した気持ちを表す動作。「ごちそうに―・す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したをならす【舌を鳴らす】

舌を上顎うわあごに当ててはじき鳴らす。
感嘆するさま。
不満や軽蔑の気持ちを表すさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

した【舌】 を 鳴(な)らす

① 相手を感嘆、賛美する気持を表わす動作。
※吾妻鏡‐文治六年(1190)一月一九日「御旨忽以符合。人鳴舌云々」
軽蔑(けいべつ)や不満などの気持を表わす動作。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉一八「母のお慶は稍呆れた様に、『人達が折角何かと心配するのに、真実(ほんと)に、腹が立つぢゃ無いか』と舌を鳴らして呟いた位である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android