コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎利礼文 しゃりらいもん

1件 の用語解説(舎利礼文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃりらいもん【舎利礼文】

声明曲(しようみようきよく)の曲名。《舎利礼》とも称する。仏舎利を礼拝する意を示した〈一心頂礼万徳円満釈迦如来真身舎利……〉という詞章で,単純な曲節で唱えるが,詞章が短いので,3返,7返,15返など繰り返すのが普通である。その際に,初重(しよじゆう)・二重,三重と音域の高さを変えて唱えていく方式もある。逆にフシを付けずに素読みにする例もある。《涅槃会(ねはんえ)》(常楽会ともいう)や《仏生会(ぶつしようえ)》(誕生会,降誕会ともいう)に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舎利礼文の関連情報