コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎利礼文 しゃりらいもん

世界大百科事典 第2版の解説

しゃりらいもん【舎利礼文】

声明曲(しようみようきよく)の曲名。《舎利礼》とも称する。仏舎利を礼拝する意を示した〈一心頂礼万徳円満釈迦如来真身舎利……〉という詞章で,単純な曲節で唱えるが,詞章が短いので,3返,7返,15返など繰り返すのが普通である。その際に,初重(しよじゆう)・二重,三重と音域の高さを変えて唱えていく方式もある。逆にフシを付けずに素読みにする例もある。《涅槃会(ねはんえ)》(常楽会ともいう)や《仏生会(ぶつしようえ)》(誕生会,降誕会ともいう)に用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

舎利礼文の関連キーワード福山 黙堂福山黙堂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android