コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初重 しょじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初重
しょじゅう

日本音楽の用語。本来は人声の声域約3オクターブのなかの最低のオクターブをいったが,実際には低音域のいくつかの音だけをいったり,単に低音部をいい,さらには旋律形態名称としても用いられた。声明講式や,平曲などで用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょじゅう【初重】

日本音楽の用語。仏教音楽の声明(しようみよう)の音楽理論において,低・中・高の3段階の音域を区別する場合に,その低音域をいう。たとえば,3オクターブに及ぶ五音(ごいん)の配列においては,宮から羽をひとまとまりとして,もっとも低い音域のものを初重という。また,同じ詞章による短い旋律を,低,中,高と音高を変えながら3回反復して演唱するときには,その最初の句をいう。反復するときの音程関係は,理論的にはっきり規定されているものと,規定されていないものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の初重の言及

【平曲】より

…拾イ類の曲節を多く含む句が〈拾イ物〉とよばれる。(5)フシ類(三重(さんじゆう)・中音(ちゆうおん)・初重(しよじゆう)など) ユリをたっぷりきかせ,最も旋律的な曲節。美文調の部分に多く用いられる。…

※「初重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初重の関連キーワードクリストフ・ルメール三重(音楽用語)河内寺廃寺跡稲荷台1号墳象鼻山1号墳下池山古墳浦上 隆応弘法山古墳西上免古墳東殿塚古墳三池平古墳三昧塚古墳稲荷塚古墳元興寺塔跡峯ヶ塚古墳阿古屋松虎塚古墳殿上闇討登呂遺跡サシコエ

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初重の関連情報