初重(読み)しょじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初重
しょじゅう

日本音楽の用語。本来は人声の声域約3オクターブのなかの最低のオクターブをいったが,実際には低音域のいくつかの音だけをいったり,単に低音部をいい,さらには旋律形態名称としても用いられた。声明講式や,平曲などで用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょじゅう【初重】

日本音楽の用語。仏教音楽の声明(しようみよう)の音楽理論において,低・中・高の3段階の音域を区別する場合に,その低音域をいう。たとえば,3オクターブに及ぶ五音(ごいん)の配列においては,宮から羽をひとまとまりとして,もっとも低い音域のものを初重という。また,同じ詞章による短い旋律を,低,中,高と音高を変えながら3回反復して演唱するときには,その最初の句をいう。反復するときの音程関係は,理論的にはっきり規定されているものと,規定されていないものとがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐じゅう ‥ヂュウ【初重】

〘名〙
① 物事の、最初の段階。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 声明(しょうみょう)の講式や平家琵琶(びわ)などで、最低の音域で歌われる部分。→講式
※太平記(14C後)二一「真都(しんいち)三重(ぢう)の甲を上れば、覚一初(ショ)重の乙に収て歌ひすましたりければ」
③ 重箱の、いちばん上の段。
※料理早指南(1801‐04)二「初重(ショジウ)魚るい、二重め精進、三重め鮮詰(なまづめ)、四重めむし菓子と仕組たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の初重の言及

【平曲】より

…拾イ類の曲節を多く含む句が〈拾イ物〉とよばれる。(5)フシ類(三重(さんじゆう)・中音(ちゆうおん)・初重(しよじゆう)など) ユリをたっぷりきかせ,最も旋律的な曲節。美文調の部分に多く用いられる。…

※「初重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初重の関連情報