仏舎利(読み)ぶっしゃり

精選版 日本国語大辞典「仏舎利」の解説

ぶっ‐しゃり【仏舎利】

〘名〙 釈迦の遺体、または遺骨舎利仏骨
※続日本紀‐神護景雲二年(768)一二月甲辰「密置数粒珠子於其前、称為仏舎利」 〔魏書‐釈老志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仏舎利の言及

【舎利】より

…遺骨のこと。とくに釈迦の遺骨を指して仏舎利(ぶつしやり)ともいう。サンスクリットのシャリーラśarīraの音写。…

【舎利容器】より

舎利はサンスクリットで〈身体〉の意であるが,仏教では仏舎利として釈迦の遺骨をさし,これが尊ばれる。実際にはこれに替わるものとして籾,牛玉,玉類などを尊重し,塔中に安置した。…

※「仏舎利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android