コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎衛 シャエ

大辞林 第三版の解説

しゃえ【舎衛】

釈迦の時代、中インド、迦毘羅衛かびらえ国の西北にあった国。波斯匿はしのく王が治世にあたっていた。祇園精舎はこの南にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舎衛の関連キーワードシュラーバスティー岐阜県岐阜市城田寺プラセーナジット過去現在因果経カピラバストゥ中間・仲間コーサラ国勝鬘夫人コーサラ竈山神社祇園精舎祇陀太子孔舎衙坂学校建築波斯匿王ぎおん須菩提ナガラ長髄彦波斯匿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android