コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞曲扇林 ぶきょくせんりん

世界大百科事典 第2版の解説

ぶきょくせんりん【舞曲扇林】

舞踊を中心とする歌舞伎の理論書。初世河原崎権之助著。刊記を欠くため刊行年月は不明であるが,1689年(元禄2)ごろの成立,刊行と推測される。2巻。28ヵ条から成る。第1~11条は若衆歌舞伎や十六番小舞の始まりなど,舞踊を主とする歌舞伎の由来について説く。第12~14条は〈虚実景曲平転〉の六態を取り上げて,舞の技巧の本質を論じ,手本となるべき諸名優の舞ぶりについて記している。第15~17条は舞の技術的な面に関する論考。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の舞曲扇林の言及

【程】より

…雅楽では拍子別に竜笛(りゆうてき)の奏法を説明した《十操記》(919年成立と伝えられる)に,〈拍〉や〈間〉とともに〈程〉が見えるほか,能でも世阿弥が座衆の心得を説いた《習道書(しゆどうしよ)》(1430)に〈程拍子〉(間拍子の意)として出てくる。また歌舞伎でも,舞踊中心の理論書である《舞曲扇林(ぶきよくせんりん)》に〈程拍子〉の語を見いだせる。しかしいつのころか拍子関係の用語としては伝承が途絶えたらしく,現在ではまったく別の意味に用いられている。…

※「舞曲扇林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android