舟木一夫(読み)ふなき かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舟木一夫 ふなき-かずお

1944- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和19年12月12日生まれ。遠藤実師事。昭和38年のデビュー曲「高校三年生」が大ヒット。橋幸夫,西郷輝彦とともに御三家とよばれる。41年「絶唱」で日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。47年自殺をはかるが再起。作詞・作曲家としても活躍。愛知県出身。自由ケ丘学園高卒。本名は上田成幸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟木一夫の関連情報