コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空事故補償限度 こうくうじこほしょうげんど

1件 の用語解説(航空事故補償限度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空事故補償限度
こうくうじこほしょうげんど

航空事故の際に支払われる補償金の限度額。 1995年国際航空運送協会 IATAが限度額の撤廃を発表した。日本の航空会社はそれに先立って 1982年4月から国内航空の責任限度額の廃止を実施,1992年 11月からは国際航空の責任限度額を廃止,加えて 10万 SDR (約 1600万円) までは無過失責任,つまり航空会社に過失がなくても補償に応じる制度を採用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空事故補償限度の関連キーワード休業補償自損事故保険ノーカウント事故災害高度障害保険金給付・反対給付均等の原則配当可能限度額チッソ補償協定中国農村の土地収用手続き労働者災害補償自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone