コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空事故要因 こうくうじこよういん factors in air‐traffic accidents

1件 の用語解説(航空事故要因の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

航空事故要因

航空機輸送での人身事故発生率は、1億人が1km飛行した時に0.05回の率になるまで減少したが、1975年以降は横這い傾向。航空機の故障による事故は減っているが、焦点が当たっているのが人的要因(ヒューマン・エラー)と突風。人的要因では、自動化されたシステムの誤操作と空港周辺の大地への激突が減っていない。突風では空港周辺で発生する局地的な上昇、下降気流(マイクロバースト)が、大事故につながる。そのため、観測用の気象ドップラーレーダーを設置して検知対策が進められているが、解決にはいたっていない。また、高空巡航中にも晴天乱流という、天候や地形と連動せず、機上の気象レーダーで把握できない突風により急落下することがあるため、乗客の安全ベルトの常時着用の徹底も課題。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空事故要因の関連キーワード航空機関士航空便航空輸送人身人身事故輸送発生率身体的危険給付・反対給付均等の原則ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone