下降気流(読み)かこうきりゅう(英語表記)downward motion; descending current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下降気流
かこうきりゅう
downward motion; descending current

下向きの鉛直成分をもつ気流高気圧気圧の尾根の域内で起こるほか,卓越風をさえぎる山や山脈の下斜面によく発達する。おろしは下降気流の一種。強い下降気流は航空の障害となり,エアポケットと呼ばれる。山麓部では夜間に斜面を下降する冷気流が生じる。下降気流の領域では雲は消散する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かこう‐きりゅう〔カカウキリウ〕【下降気流】

下向きの大気の流れ。これが生じている所は雲がなく、天気がよい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かこうきりゅう【下降気流】

上層から下層に向かう気流。この気流のある所では、一般に大気温度は上昇し、雲が切れて天気のよくなることが多い。 ⇔ 上昇気流

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下降気流の言及

【上昇気流】より

…上昇気流の分布と気温分布との関係は,じょう乱の発達,衰弱に影響する。すなわち,相対的に気温の高い所で上昇気流,気温の低い所で下降気流(上から下へ向かう大気の流れ)があるような構造をもつじょう乱は発達する。その反対の場合,じょう乱は衰弱する。…

※「下降気流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下降気流の関連情報