航空障害灯(読み)コウクウショウガイトウ

デジタル大辞泉「航空障害灯」の解説

こうくう‐しょうがいとう〔カウクウシヤウガイトウ〕【航空障害灯】

航空機に対し、航行の障害となる高い建物などの存在を知らせるために設置する灯火赤色の点滅または白色閃光灯が用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「航空障害灯」の解説

こうくう‐しょうがいとう カウクウシャウガイトウ【航空障害灯】

〘名〙 夜間航空機に対して障害を与える恐れのある建造物や危険物の存在を示すための灯火。赤色光の灯を点灯する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android