船副使麻呂(読み)ふねの ふくしまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船副使麻呂 ふねの-ふくしまろ

?-? 平安時代前期の学者,官吏。
貞観(じょうがん)5年(863)大学寮の直講(ちょっこう)として釈奠(せきてん)(孔子らをまつる儀式)に「礼記(らいき)」を講じた。のち助教(じょきょう),山城権介(やましろのごんのすけ)を歴任。元慶(がんぎょう)元年(877)百済(くだら)(朝鮮)系の船連(ふねのむらじ)をあらためて菅野朝臣(すがののあそん)をさずかる。河内(かわち)(大阪府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android