コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船場吉兆

2件 の用語解説(船場吉兆の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

船場吉兆

料理人の故湯木貞一氏が1930年に大阪市で創業した料亭がルーツで、その子どもたちが「のれん分け」する形で設立された全国五つの吉兆のうちの1社。大阪市に船場本店と心斎橋店、福岡市に博多店と天神店を構えていたが、食品表示偽装問題が発覚した昨秋以降、料亭4店舗で営業を停止し、船場本店と博多店は今年に入って再開した。今年1月、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、湯木正徳社長(当時)が退任。妻で貞一氏の三女の佐知子取締役が新社長に就いた。

(2008-05-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

船場吉兆

大阪府大阪市にあった料亭。「吉兆」グループの企業のひとつ。1991年、「本吉兆」からのれん分けにより独立。料亭業のほか、百貨店との提携による惣菜や菓子の販売など、多角的経営を行なっていたが、2007年、賞味期限切れ商品の販売や、材料の産地偽装などの不祥事相次いで発覚、2008年廃業となった。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船場吉兆の関連キーワード板前大阪市立大学復代理料理方料理人越俎惣八辻静雄仲木貞一湯木貞一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船場吉兆の関連情報