コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船場吉兆

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

船場吉兆

料理人の故湯木貞一氏が1930年に大阪市で創業した料亭がルーツで、その子どもたちが「のれん分け」する形で設立された全国五つの吉兆のうちの1社。大阪市に船場本店と心斎橋店、福岡市に博多店と天神店を構えていたが、食品表示偽装問題が発覚した昨秋以降、料亭4店舗で営業を停止し、船場本店と博多店は今年に入って再開した。今年1月、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し、湯木正徳社長(当時)が退任。妻で貞一氏の三女の佐知子取締役が新社長に就いた。

(2008-05-08 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

船場吉兆

大阪府大阪市にあった料亭。「吉兆」グループの企業のひとつ。1991年、「本吉兆」からのれん分けにより独立。料亭業のほか、百貨店との提携による惣菜や菓子の販売など、多角的経営を行なっていたが、2007年、賞味期限切れ商品の販売や、材料の産地偽装などの不祥事が相次いで発覚、2008年廃業となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

船場吉兆の関連キーワード船場吉兆による偽装・不正表示船場吉兆をめぐる表示偽装相次ぐ食品不正表示大阪府大阪市

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android