船場吉兆

デジタル大辞泉プラス「船場吉兆」の解説

船場吉兆

大阪府大阪市にあった料亭。「吉兆」グループの企業のひとつ。1991年、「本吉兆」からのれん分けにより独立。料亭業のほか、百貨店との提携による惣菜菓子の販売など、多角的経営を行なっていたが、2007年、賞味期限切れ商品の販売や、材料の産地偽装などの不祥事が相次いで発覚、2008年廃業となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android