吉兆(読み)キッチョウ

デジタル大辞泉プラスの解説

吉兆

日本の料亭のグループ名、またその創業店である「本吉兆」の通称。1930年、大阪府大阪市で創業。1979年の東京サミットの午餐会の食事を担当するなどして、高級料亭としての地位を確立。1991年、創業者の子供たちがのれん分けによりそれぞれ独立。グループ企業にはほかに神戸吉兆京都吉兆東京吉兆がある。吉兆の「吉」の漢字表記は正確には“つちよし”。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉兆の関連情報