コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のれん分け

流通用語辞典の解説

のれん分け

商家の経営方式として存在していた制度のひとつ。丁稚、手代、番頭と出世し、首尾よくつとめあげると、別家として独立することを許されるが、その際本家が商号の使用を許可することをいう。日本型チェーン展開の方式とも呼ぶことができる。転じて、小売業や欧食・サービス業の中には、従業員に対する動機づけと、急速な事業展開の方式として、のれん分け方式を利用する企業がふえている。のれん分けを希望する従業員や定年に達した社員に対し、店舗を開店させ経営の指導や商品供給を行うものである。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

のれん分けの関連キーワードカレーハウスCoCo壱番屋船場吉兆をめぐる表示偽装マネジメントバイアウト仕分ける・仕訳けるすきやばし次郎武田薬品工業石原 仁太郎コロッケ蕎麦人形町 今半本家・分家東京吉兆親類並み京都吉兆神戸吉兆山岸一雄あじかん船場吉兆伊藤ゆき宿這入り仕分ける

のれん分けの関連情報