コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船形連峰県立自然公園 ふながたれんぽうけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船形連峰県立自然公園
ふながたれんぽうけんりつしぜんこうえん

宮城県中西部,山形県境の船形山 (1500m) 東麓を占める自然公園。面積 394.38km2。 1962年指定。仙台市と大和,色麻,小野田の3町にまたがる。船形連峰は奥羽山脈を構成する連峰で,北の栗駒火山,南の蔵王火山にはさまれた火山群一帯を占め,白髪山 (1284m) ,三峰山 (1418m) ,後白髪山 (1423m) などから成る。北方系と南方系植物の交差点。ミズバショウシャクナゲなどの高山植物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

船形連峰県立自然公園の関連キーワード小野田(宮城県)加美(町)作並温泉大和町宮城県色麻町広瀬川泉ヶ岳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android