連峰(読み)れんぽう

精選版 日本国語大辞典「連峰」の解説

れん‐ぽう【連峰】

〘名〙 幾つもつらなり続いている山のみね。連山。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔孫統‐蘭亭集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「連峰」の解説

【連峰】れんぽう

連山。・李白〔蜀道難〕詩 峰、天を去ること(み)たず 枯倒(さかさま)に挂(かか)つて、壁に倚(よ)る

字通「連」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android