小野田(読み)おのだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野田
おのだ

山口県南西部,山陽小野田市南部の旧市域。周防灘に臨む。 1940年小野田町と高千帆町が合体して市制。 2005年山陽町と合体して山陽小野田市となった。長州藩の時代から採炭が行なわれ,石炭船の往来で繁栄した。工業都市としての歴史も古く,1881年に日本最初の民間セメント工場が建設された。硫酸,化学肥料,薬品などの製造も盛ん。伝統の耐酸瓶,土管,粘土瓦の小工場も多く,瀬戸内海の陶業の中心地。

小野田
おのだ

宮城県中西部,船形山 (1500m) 北麓に広がる地域。旧町名。西部は山形県に接する。 1943年町制。 2003年中新田町,宮崎町と合併し加美町となった。大部分は鳴瀬川の支流域を占める山地で,東部に水田がみられる。山麓の薬莱 (やくらい) 山 (553m) 周辺は国営開墾地として造成された牧草地で,酪農が行なわれる。北西端にある魚取沼 (ゆとりぬま) はテツギョ (鉄魚) の生息地で天然記念物に指定。仙台藩重臣奥山家家老の松本家住宅が重要文化財として残る。鳴瀬川の谷筋を通る中羽前街道 (国道 347号線) は,鍋越峠で尾花沢市 (山形県) へいたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おのだ〔をのだ〕【小野田】

山口県南西部にあった市。古代は陶業の中心であった。明治中期以来、セメント・化学工業が盛ん。平成17年(2005)3月に山陽町と合併して山陽小野田市となった。→山陽小野田

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小野田の関連情報