コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船田一琴 ふなだ いっきん

2件 の用語解説(船田一琴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船田一琴 ふなだ-いっきん

1812-1863 江戸時代後期の装剣金工。
文化9年生まれ。金工船田寛常の子。熊谷義信の養子となり,義信の師熊谷義之の門にはいる。のち京都の後藤一乗にまなび,江戸で開業。郷里出羽(でわ)の鶴岡藩(山形県)藩主酒井家の抱え工もつとめた。文久3年10月18日死去。52歳。前名は義長。通称は庄助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

船田一琴

没年:文久3(1863)
生年:文化9(1812)
江戸末期の装剣金工家。金工家船田寛常の子。羽前国庄内(山形県)五日町生まれ。はじめ勇太郎,のちに庄助,義長という。幼くして父と死別し,8歳のころ熊谷派の金工家義信が母と結婚し養父となり,そのもとで彫技の基礎を学んだ。文政9(1826)年15歳のとき江戸に出て義信の師である熊谷義之の門下に入り,義長を名乗った。その後,京都の後藤一乗の門下に移り,天保5(1834)年24歳で,師の一の字を許されて一琴を名乗り,江戸に戻って仕事をはじめた。作風は四神図,竜,花卉など一乗風のものが多かったが,次第にそれを脱し,独自の境地を作りあげた。「富士図鐔」(個人蔵)などにみる甲鋤彫りと呼ぶすくい鏨の技法は彼の特技である。郷里の庄内藩酒井家の抱え工をも勤め,船田家を再興して江戸と庄内を行き来しながら,多くの門弟の養成にも努めた。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船田一琴の関連キーワード奈良派横谷宗珉石黒政常(2代)石黒政常(3代)一宮長義利国利貞豊田政親浜野矩蕃平田長房

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone