船積(読み)ふなづみ

精選版 日本国語大辞典 「船積」の意味・読み・例文・類語

ふな‐づみ【船積】

〘名〙
船舶貨物を積み込むこと。せんせき
※俳諧・句兄弟(1694)中「冬偈をとへばあたたかな体〈桂花〉 舟積を状にしらする油樽〈寒玉〉」
※大草殿より相伝之聞書(16C中か)「海老のふなづみの事。本膳にもあれ二三の間にもあれ、集養は同じ事也」

せん‐せき【船積】

〘名〙 荷物を船に積みこむこと。ふなづみ。
関税法(明治三二年)(1899)四六条「船積の為税関に送致し若は陸揚したる貨物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android