コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船頭物 せんどうもの

1件 の用語解説(船頭物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんどうもの【船頭物】

歌舞伎舞踊の一系統。粋で威勢のいい船頭の風姿を舞踊化した作品群で,化政期(1804‐30)以後変化(へんげ)舞踊(変化物)のなかに多く現れた。著名なものには次のような曲がある。(1)《大津絵船頭》 清元。本名題《歌へす歌へす余波大津絵(かえすがえすおなごりおおつえ)》。作詞勝井源八。作曲初世清元斎兵衛。振付藤間大助(2世勘十郎),4世西川扇蔵。1826年(文政9)9月江戸中村座初演。2世関三十郎の帰坂名残として初演された五変化物の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

船頭物の関連キーワード浅間物歌舞伎舞踊石橋物変化物山姥物丹前物歌舞伎狂言道行き物傾城物所作立て

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone