コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艘別銭 そうべつせん

1件 の用語解説(艘別銭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうべつせん【艘別銭】

鎌倉時代中ごろより,船着場である津や港湾に入ってくる船舶に対して課せられた関税の一種。1261年(弘長1)金剛山内外院修理料として淀津において,上洛船1艘につき10文を徴収したのが,その早い例である。淀津以外には摂津兵庫島,河内禁野内渚院などでも徴収された。いずれも1艘別に銭貨を徴収している。これと類似したものに帆別銭がある。帆別銭は南北朝末期に神奈川,品河などの関東の浦々で,出入りの船舶の帆1段につき300文を徴収した例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

艘別銭の関連キーワード鎌倉時代津料御津山城物心より船着き船着き場ロヨラ諸縒り若菜五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone