コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艘別銭 そうべつせん

世界大百科事典 第2版の解説

そうべつせん【艘別銭】

鎌倉時代中ごろより,船着場である津や港湾に入ってくる船舶に対して課せられた関税の一種。1261年(弘長1)金剛山内外院修理料として淀津において,上洛船1艘につき10文を徴収したのが,その早い例である。淀津以外には摂津兵庫島,河内禁野内渚院などでも徴収された。いずれも1艘別に銭貨を徴収している。これと類似したものに帆別銭がある。帆別銭は南北朝末期に神奈川,品河などの関東の浦々で,出入りの船舶の帆1段につき300文を徴収した例がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android