コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色彩家 しきさいかcolourist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色彩家
しきさいか
colourist

絵画および彩色版画において,特に色彩が支配的役割を果している作品を制作する画家および版画家をさす。線描を主とする素描家 (デシナトゥール) の多くが古典主義的であるのに対し,色彩家はルーベンスレンブラントなどバロック時代に多く,近代ではドラクロアがその代表。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色彩家の関連キーワードベルナール(Josephサルト(イタリアルネサンス期の画家)クリスティアン サールトマンアンソールマッケ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android