コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芋けんぴ イモケンピ

デジタル大辞泉の解説

いも‐けんぴ【芋けんぴ】

サツマイモを細く切り、油で揚げて煮つめた砂糖をからめた菓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いもけんぴ【芋けんぴ】

和菓子の一種。さつまいもを拍子木切りにし、油で揚げて砂糖みつをからめたもの。◇「いもかりんとう」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

芋けんぴ[菓子]
いもけんぴ

四国地方、高知県の地域ブランド。
土佐特産の菓子。古くから高知県では、細長いスティック状の菓子のことを、けんぴと呼ぶ。江戸時代中期に、薩摩(現・鹿児島県)から土佐(現・高知県)にさつまいもが伝来。芋けんぴは、さつまいもを油で揚げ、砂糖をからめた菓子。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

芋けんぴの関連キーワードサツマイモ四国地方

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芋けんぴの関連情報